音大らいふ

音大生と音大受験生のための情報サイト

4年間で1,000万!?音大の学費の本当のところ

time 2018/10/15

4年間で1,000万!?音大の学費の本当のところ

音大の学費は4年間で1,000万円ぐらいかかるとよく言われます。

本当のところはどうなのでしょうか?

sponsored link

ことの発端は一つのツイート

先日、音大の卒業生の方が書いたこのようなツイートが10万リツイート、5万いいね!されていました。

音大の学費は年間200万円、4年間で1000万もするの!?とイタリア人も驚いているようです。

では実際のところどうなのでしょうか?

学費とは

音大でかかる学費は、大きく以下の5つになります

  • 入学金
  • 4年間の学費、授業料
  • 施設代、施設維持費
  • 同窓会費
  • その他

以上の5つを一つずつ見ていきましょう。

入学金

入学金は、国立(東京藝術大学など)私立(桐朋学園大学や東京音楽大学など)問わず、30万円ほど。

4年間の学費、授業料

学費、授業料は国立で年間50万円程度、私立は大学によりけりですが、年間150万円弱。

4年間で、国立は200万円程度、私立は600万円程度になります。

施設代、施設維持費

施設代、施設維持費は国立大学の場合かかりません

私立の場合、大学によりけりですが、年間50万円程度、4年間で200万円程度かかります。

同窓会費

同窓会費は、国立私立問わず、数万円程度かかるようです。

その他

教職課程費、教科書代、レッスン代、演奏会費用、その他諸々…4年間で20万円程度はかかるようです。

合計

合計は、国立の場合、入学金30万円+学費200万円+その他数十万円=250万円~300万円

私立の場合、入学金30万円+学費600万円+施設代+200万円+その他数十万円=900万円程度

かかるようです。

まとめ

音大=4年間で1000万円というのは言いすぎですが、4年間で、国立でも250万円程度、私立でも900万円程度はかかるようです。

私立の場合、4年間で1000万円というのも、あながち間違いではなさそうですね。

また、文科省のデータによると、私立文系が4年間で400万円程度、私立理系が500万円程度かかりますので、それと比べてもかなり高いようです。

※ただ、私立医歯系は卒業までに1,600万円かかるようなので、そちらはまさに桁違いの学費です。

 

以下の記事に各大学ごとの詳細をまとめていますので、あわせてご覧ください。

都内音楽大学学費一覧

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


当サイトについて



sponsored link